初打ち合わせ日。

まずは土地をどうするかです。
新興住宅地にすることは決まっていたのですが、D社はその中でも南向きと北向きの土地を持っていました。
場所はどこにするか・・・
とりあえず価格表を見せていただき、それを片手に歩いて土地を見にいきました。


私たちが考えていたのは北向き道路の土地。
理由はやっぱり値段です
日当たりは大丈夫?と思いましたが、この住宅地は北向きの土地が南向きより高くなっており、日当たりがそこまで悪くないということ。
実際北向きに住んでいる友達に聞いても全然明るいよーとのことでした。
営業さんによると、この住宅地は北向きから売れていくらしい・・・


とりあえず、北向きの土地の中でもいちばん安いところへ。
見てみると、隣の土地と面積は変わらないのになぜか少しだけ値段が違います。
その理由は電信柱の有無でした。

電信柱があることに何のデメリットがあるのかは知りませんでしたが、少ししか値段が変わらないのであればやっぱりない方がいいよねーと、隣の土地に(笑)
ゴミ捨て場も遠くなかったので即決でした。
営業さんがびっくりするくらいにサラッと土地は決定。

あとから聞いた情報ですが、電信柱があるお家は鳥のフンに悩まされているそうです。
ケチらなくてよかった・・・


そのあとは間取りです。
北向き道路の2パターンの間取りを出してもらいました。

ひとつはキッチン、ダイニング、リビングが一直線になった縦型の間取り。
もうひとつはキッチンとダイニングが横並びで、リビングがダイニングの前に来るL字型の間取り。

ここで夫婦の意見が割れました(笑)
私はL字型、主人は縦型の間取り。

営業さんも、やっぱり広く見えるのは縦型だよと。
夫婦ともに折れないので、営業さんがパソコンで3D映像を見せてくださいました(笑)

立体的に見てみると違いは一目瞭然。
縦型のほうが断然広くて開放的ーーー!!!!

あれだけ頑固にL字!と言っていましたが、コロッと意見を変え、縦型の間取りをベースに細かい変更を付け加えていくことにしました。
一番最初の間取りのみ公開します☆

unnamed

初期の打合せで私たちが出した1階間取りの条件は

・パントリーは見えないように
・キッチンの手元のみ隠したい
・玄関から水回り、水回りからキッチンへとぐるっと回れる動線
・玄関に子供たちの制服などをかけられる収納
・和室は玄関からとリビングからの2つの入り口

これくらいだったかな。
将来母が来る予定だったので、2階には主寝室と子供部屋が2つ、もうひとつ母の部屋と、5LDKにしてほしいとお願いしました。

次回から設計の先生を交えての打ち合わせということで、初回は終了しました。
スポンサードリンク